海外分散投資とヘッジオンラインについて


あらためて、今回お話したいと思うことがあります。ヘッジオンラインがそもそもはじまった趣旨であり、今後読者の皆様をお連れしたいと思う世界についてです。今ご覧いただいている「ヘッジオンライン」は2016年7月にスタートしました。ある意味はじまったばかりともいえますし、もう3年近くも経ったのかという感慨もあります。お伝えしていく内容や方法は今後も改善していくことは勿論ですが、一方で、不変に追求していきたいと思っているのが「ヘッジオンライン」が当初から目指している理想についてです。

それは「海外投資で生き残る」ことです。多極化の時代へ大きく世界が変わっていく中にあってもです。少子高齢化社会に既に突入している日本や日本人にとって、海外の高い成長力や大きな需要を取り入れていくことは今後生き残っていくために必須です。だからこそ、我々が既に行なっており、そして行ない続けないといけないことが「海外投資」なのです。

「海外貿易立国」として名高い日本ですが、実はその姿を「海外投資立国」へと変容させて10年以上が経過しています。証左として、主に貿易収支と所得収支で成り立っている我が国の経常収支黒字の中身は、この10年以上、海外投資の利益や配当による所得収支の黒字が貿易収支の黒字を圧倒しています。

日本社会は大きく変貌を遂げているのです。必然として変わらざるを得なかったとも言えます。少子高齢化社会になりつつも、一等国としての豊かな暮らしを維持するためには、従前蓄えてきた資本を活かして他国の成長力を取り入れる「海外投資立国」という姿への変化はどうしても必要なことなのです。

『冷戦「後」』という時代が終焉を迎えつつあり、その先の「多極化」という大きな世界的な情勢変化の只中にあって、ヘッジオンラインは皆様の一人一人の中に独自のそして確かな羅針盤を作っていくものと確信しています。長いおつきあいとなりますが今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

.....................................................................

⇒ 戻る-会員制オンライン金融サロン「ヘッジオンライン」について


ページの先頭へ