会員制オンライン金融サロン「ヘッジオンライン」について


「hedge online(ヘッジオンライン)」は、英国系投資顧問会社SPRING社の取締役であり、グローバルマクロ戦略ポートフォリオマネージャーの塚口直史が、独自の視点で、国際政治、経済、軍事などの地政学リスクをベースとした、国際分散投資に資する情報を発信するオンラインサロンです。

 

hedge onlineのコンテンツはすべて、塚口直史によって厳選されたもので、その大部分が、本人自ら執筆して発信しています。
塚口直史は現役のヘッジファンドマネージャーであり、グローバルマクロという世界情勢を捉えるプロフェッショナルですので、hedge onlineで得られる情報は、グローバルインテリジェンスそのものです。

 

また、株式会社 スフィンクス・インベストメント・リサーチ設立 代表取締役の藻谷俊介がhedge onlineに参画しました。「日経ビジネス」、「週刊エコノミスト」など一流経済誌に長年定期寄稿してきた気鋭のエコノミストです。

 

グローバルマクロ戦略のファンドマネージャーである塚口直史と、マクロエコノミストの藻谷俊介が織りなす論議やレポートは、大変興味深く、またこれからの日本にとって必要不可欠となる情報源となります。

 

国際資産運用に欠かせない情報メディアであるhedge onlineに興味のあるかたをお待ちしております。

 

 

なお2016年12月16日より、オンライン金融サロン「hedge online」では、為替情報に特化した「為替変動レポート『エニグマ』有料メールマガジン」をサービス提供開始しました。このレポートは、ファンドマネージャーの塚口が、週に一度執筆して配信します。

 

 

この有料メールマガジンだけ購読することもできますので、まずは「為替変動レポート『エニグマ』」を購読し、さらに有益な国際資産運用に資する情報を得るために「hedge online」の会員になる、というステップアップとしてお考えいただくことができます。

 

なお「hedge online」の会員様は、この有料メールマガジンの内容もコンテンツの一つとして含んでおりますので、「hedge online」の会員になった後は有料メールマガジンを解除いただくことになります。

 

 

【以下、2つのサービスをご確認ください】

 

為替変動レポート『エニグマ』有料メールマガジンについて

 

hedge online 会員サービスについて

 

 

【ファンドマネージャー塚口より皆さまへ】

 

hedge online 塚口 直史よりはじめのご挨拶

 

海外分散投資とヘッジオンラインについて

 


ページの先頭へ